<< 顧客から考えるアート表現。売れる芸術を考えることの意味。 | HOME | DSでラブレター? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ガッシュベルのトレカに新しいウェブサービスの芽を読む!
この間の日曜日に息子と秋葉原に出掛けてきた。目的は「ガッシュベル」のデッキを完成させること。息子は「ウマゴン」デッキ。私は「キャンチョメ」デッキ。..って言ってもご存じない方にはチンプンカンプンですよね(笑)。

で、一山幾らで売っているカードの束にも目当てのカードがあったりレアでもかなり安価に売られているのがあったりしてほぼ目的を達成。でも、これって凄いツールなんだよね〜。今更だけど、

★魔本をめくり
★魔物とパートナーを送り込み
★呪文をとなえ術を繰り出し
★登場人物にまつわるイベントを発生

..って、そもそもトレカのシステムが基本そうなんだけど、要は、

★物語の世界観を背景に
★シナリオを再現しながら
★その都度毎のバリエーションを
★お互いの相互作用を通じて
★リアルタイムに作っていく

物語の再生装置なんですよね。バトルとかトレーディングの要素がクローズアップされる余り忘れられがちだけど、相互に構築していく物語ツールとしてのフレキシビリティたるや..

..って言うか、既に集めるだけでもかなり充足しているんですけどネ(笑)。

「極上のぶり」とか
「袋叩きだと!?」とか、

ガッシュの世界を知らない人には全く意味のない物語コードが絶妙にツボを....ツボを突いているのです。
嗚呼..バルカン300とモモン(エロザル)欲しい。..意味不明?ですよね。


ジブンのソフトウェア系のキャリアが「物語OS開発」案件だったので、こういう仕掛けに触れるとドーパミンが出まくります。
子供は、こういう「交換」と「競争」を通じて敏感に物語のマーケットに没入していきます。それはいわゆる外部ネットワーク性という、見えないネットワークへの参戦だったりもする訳です。


ウェブサービスの新しい芽は意外とこういうところに潜んでいるかも知れませんよ。

| ウェブパブリッシングノート | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -


COMMENT


POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://digitao.jugem.cc/trackback/381
TRACKBACK



CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
ぞりん
ぞりん (JUGEMレビュー »)
井口 尊仁, 石黒 謙吾
ぞう+きりん=ぞりん。あらゆる動物が「ぞう化」したら、「ぞうぶつ」になってしまいました。
占いモンキーナビ
twitter
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode