<< 「どうぶつの森」は「物語OS」の最もリアルなプロトタイプと言えるかもしれない。 | HOME | 「マーケティングされるこどもたち」を考える。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
オペラプロジェクトとの縁 出会いは突然やってくる!?
今回はものすごくパーソナルなお話です。ほとんど自己満足なのですが、今進めているいろいろなプロジェクトが実は昔手がけていたこととどこかで繋がっているなぁ・・と、思うことが多いので、整理整頓しておこうかと・・。


たまたま縁があってお手伝いさせていただいたオペラプロジェクトですが、そもそもの出会いは、その当時私が勤めていた「演算星組」を通じてでした。「演算星組」という奇妙なネーミングのソフトハウスをご存知ですか?
マッキントッシュ黎明期の国産ソフトのなかでも独特の存在感を放っていた「マック書道」。この異色作品を送り出したのが演算星組です。

当時この演算星組で丁稚奉公していた(笑)私は、仕事の時間以外に自宅のマックを使ってこつこついろんなソフトの試作品を開発していました。

で、当時思いついたのが「ウィンドウ自体が情報の重み付けや意味づけを有したハイパーメディアソフト」でした。確か、そのころはアウトラインプロセッサーとかいわゆるアイデアプロセッサー的なアプリケーションが比較的着目されていたこともあって考案したのですが、たとえばこんな感じです。

■ウィンドウ内にオブジェクトを放り込む。仮に「石と骨と葉っぱ」とかにしましょうか?

■ウィンドウの属性を「比重」にすると、水の中にそれらのオブジェを放り込んだように「重い順に下から上に向かって並び直して配置する」。

■ウィンドウの属性を「時間」にすると、地層を輪切りにしたように「古い順に並び替えられて、地層年度を見るような図になる」。

■オブジェクトの属性とウィンドウの属性によって見え方が変わる。場合によっては異なる属性を重ね合わせて比較できる。いずれにしろ、属性次第で自動的に並び替えられるのがミソ。

・・こんな感じのハイパーメディアソフトを考案してコンセプトと画面デザインを仮作成して悦に入っていました。「こういうのあると便利じゃないか?」って感じです。

で、それを見た演算星組社長の井上さんが、「それ面白いから企画書を書いて松岡さんのところにファックスしてみたら!?」って言ってくださったので早速送信してみたのが、その後のオペラプロジェクトでの出会いに繋がりました。


そして、オペラをお手伝いするようになってからは、気合を入れてそのころ暖めていたアイデアをどしどしプロトタイプ化しました。


たとえばこんな感じです。
(記憶があいまいなので幾分脚色が入っているかもしれません)


■ジェネトロン

 入力された文章内の季語の繋がりを解釈して自動的に日本画を生成する。
 実際には限られたパーツのカットアンドペースを自動化したもの。

■インフォトロン1

 入力されたキーワードをアバターキャラが解釈して、身振り手振りで伝達してくれる一種のチャットソフト。
 オブジェクト指向的に身振り手振りをカスタマイズ可能にした。

■インフォトロン2

 インフォトロンで実現された身振りインターフェイスをカプセルに封入してメールのように送受信できるコミュニケーションソフト。非同期のアバター交換ソフト。

■俳句トロン

 PtoPで繋がったユーザー同士がネット上で俳句バトルをするソフト。
 勝敗は相互の納得と了解によって解決されるというモノ(要はソフトは何もしない)。


なんだか思いつきと勢いだけで色々作っていましたが、あのころ醸造された発明家魂のようなものはその後もそのまま。そして、ただ単純に面白から作る!と、いうノリだった自分が「物語」という一貫したコンセプトに基づいて問題設定したり問題解決したりという軸足を見出せたのもオペラプロジェクトでの経験がとても大きいのです。

実際これ以降も「物語コンストラクションソフト」とか「漫画OS」とか、物語OS=オペラプロジェクトでの経験は、自分自身の制作活動にダイレクトに影響しました。また、それはいまでも変わっていないと思います。
出会いと気づきはどこからやってくるか分からない!と、改めて思います。


以上、ちょっとした回想録でした(92−93年頃、まだ日本国内はインターネット黎明期で、ネットスケープがリーダーカンパニーだった。JAVAも研究段階、開発についての考え方も人月的な考え方が大半を占めていた)。

| ダイアリー | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -


COMMENT


POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://digitao.jugem.cc/trackback/403
TRACKBACK



CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
ぞりん
ぞりん (JUGEMレビュー »)
井口 尊仁, 石黒 謙吾
ぞう+きりん=ぞりん。あらゆる動物が「ぞう化」したら、「ぞうぶつ」になってしまいました。
占いモンキーナビ
twitter
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode