<< 1988年6月6日 | HOME | 「ゾウ化」する世界? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
2000年2月23日
勝手に私淑している松岡正剛先生の千夜千冊がついに5月22日(1144夜)に完結した。
2000年2月2月23日に第一夜がはじまってから足掛け6年という長い期間にわたって連載された前代未聞の連載が、ようやく終わった・・と、思いきや6月6日から装いも新たに新編がスタートする。

これはもう終わりの無い旅なのでしょう(それぞれ1144夜までが放埓篇、1145夜からが遊蕩篇と題されている)。

それにしても、この「千夜千冊」はブログという概念や道具が、国内に輸入されるずっと前から、すでに「一人ブロゴスフィア」を創出してしまうようなプロジェクトだったし、ここまでの言説空間を個人で想像してしまった例は他に無いのでは?と、思う。と、同時に「ほぼ日」と同じく、ある「確信」を継続的に維持し続けることの凄さというものを改めて感じる。

実際、自分でも何か調べ物をするときにグーグル経由で千夜千冊にリーチすることは多いし、そこでは単に客観的な情報を確認するというよりは、ある事柄や人物についての「接し方」や「読み解き方」を、断片的とはいえ、学んでいるように思う。感覚としては「書評の集大成」をハブにした情報参照ネットワークにアクセスしているという感覚なのだが、それが機械的にではなく、松岡さんという個人の「手の力」を核にして動いているということがなんだか凄い。
7月には展覧会を控え、10月には本として新たに登場する「千夜千冊」。まだまだこの先にも拡がっていく脈動のようなものを感じる。
| ウェブパブリッシングノート | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -


COMMENT


POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://digitao.jugem.cc/trackback/459
TRACKBACK



CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
ぞりん
ぞりん (JUGEMレビュー »)
井口 尊仁, 石黒 謙吾
ぞう+きりん=ぞりん。あらゆる動物が「ぞう化」したら、「ぞうぶつ」になってしまいました。
占いモンキーナビ
twitter
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode